査定サイトを活用しよう

不動産屋に仲介を依頼するとなると、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つの契約がありますが、一般媒介契約以外は、一度契約してしまうと他の不動産屋に同時に仲介をお願いするのは契約違反となります。これらの契約は、不動産屋の担当者の手腕に大きく左右されます。ざっくりとした値段を言われると思いますが、それが高すぎても安すぎても疑ってください。もしかしたらそもそもの知識が浅いか、その物件のことを詳しく調べるなどしておらずやる気がないとも考えられます。

パソコン契約する前に、自分の不動産がどの程度の価値があるのかを把握するため、いくつかの査定サイトを活用しましょう。査定サイトに、住所と、不動産の種類(土地なのか一戸建てなのか、アパートなのかなど)、土地面積や築年数などの細かな情報をウェブ上で入力すれば無料で査定をしてもらえます。もちろん机上査定なのでざっくりとした価格となります。細かな部分まで見てより具体的な値段が知りたい場合は、訪問査定を無料で行ってくれる会社もたくさんあります。不動産屋と契約を交わす前に、ある程度の現状は把握し、高望みをして全然物件が売れない!ということや、悪徳な業者に騙されて損をすることのないようにしましょう。

参考サイト:土地査定

不動産売却の方法

電卓不動産売却には、不動産会社との契約に仲介と売却の2種類が存在します。仲介は不動産屋に仲介手数料以を支払い不動産会社に広告を出してもらったり、店の前に張り紙をしてもらったりお客として来店した人に自分の不動産を紹介してもらうなどして仲介してもらう方法です。仲介手数料は、原則、「売却価格×3%+6万円(消費税別)」となっており、これは法律で決まっています。契約の中にも、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つがあります。専属専任媒介契約が一番縛りがきつく、順にゆるくなります。契約が厳しければ、複数の不動産と複数契約を結ぶなどが禁止事項がありますが、1週間ごとや隔週の定期連絡を受けることができ現状を簡単に把握することができます。

買取は、不動産会社に直接物件や土地を買取ってもらうパターンです。買取は、確実に買い取ってもらえるので売れ残ってしまう心配はありませんが、通常よりも買取値が安いというデメリットがあります。ただ、少しでも高い値段で買取ってもらうために仲介にしても、売れ残ってしまい物件が劣化して売値がどんどん下がってしまうリスクもあります。どちらが良いかは、自分の不動産が人気の場所にあるかどうかで決まるといえます。

査定サイトを活用しよう

不動産売却の注意点

家景気が悪くなり、不動産は買うよりも売る方が何倍も大変な時代になりました。マンションや土地も、買った時の半分の値段にしかならなかったということも結構あります。また、それだけでなく不動産売却は契約時や契約後にトラブルになりやすいともされています。売却時にいくつか注意することで後々のトラブルを回避できますのでしっかりとポイントを押さえておきましょう。

不動産を売却するときは、必ず土地の面積、地積を今一度測定しましょう。隣の人が侵害してるかもしれません。土地の境界線のあいまいさは絶対トラブルになります。長年計測していないと登記簿と広さが違うこともよくあります。自分の土地の面積は、法務局で地図をとるとはっきりと分かりますよ。
ローンが払い終わっていることも重要です。もし売り主がローンを支払えなくなると、債務不履行時の担保としてその物件が差し押さえられることも考えられるので、そのことを買主は嫌がり、買い手がつかないことがほとんどです。売却費用でローンが完済できるように進めましょう。

不動産を売却する時、不動産やなど仲介業者に仲立ちをしてもらうことになりますが、査定サイトを使い自分の不動産がどのくらい価値があるのか確認してから依頼するとトラブルもなく安心です。早く売りたい!!と焦ってしまう方が多く、悪質な仲介業者に高い仲介料を払わされ、しかも安い値で買い叩かれてしまうことで泣き寝入りしている方が多いからです。

不動産売却の方法