不動産売却の方法

電卓不動産売却には、不動産会社との契約に仲介と売却の2種類が存在します。仲介は不動産屋に仲介手数料以を支払い不動産会社に広告を出してもらったり、店の前に張り紙をしてもらったりお客として来店した人に自分の不動産を紹介してもらうなどして仲介してもらう方法です。仲介手数料は、原則、「売却価格×3%+6万円(消費税別)」となっており、これは法律で決まっています。契約の中にも、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つがあります。専属専任媒介契約が一番縛りがきつく、順にゆるくなります。契約が厳しければ、複数の不動産と複数契約を結ぶなどが禁止事項がありますが、1週間ごとや隔週の定期連絡を受けることができ現状を簡単に把握することができます。

買取は、不動産会社に直接物件や土地を買取ってもらうパターンです。買取は、確実に買い取ってもらえるので売れ残ってしまう心配はありませんが、通常よりも買取値が安いというデメリットがあります。ただ、少しでも高い値段で買取ってもらうために仲介にしても、売れ残ってしまい物件が劣化して売値がどんどん下がってしまうリスクもあります。どちらが良いかは、自分の不動産が人気の場所にあるかどうかで決まるといえます。

査定サイトを活用しよう